名前の鑑定

By | 2015年10月1日

お久しぶりの投稿です。(^^)

管理人の田辺です。

久しぶりというか、1年ぶりですけど・・・^^;

 

突然ですが、名前の鑑定をやってもらいました。

新しい名前は「田辺 晃佑 (たなべ こうすけ)」です!

 

ちゃんと鑑定の信頼できる方にみてもらったので大安心です(^^)

屋号も修正して(-が+になりました)、生まれ変わった感じです。

 

ほんと違いますよ。体験してみないとわからないと思うけど。

初めは躊躇する気持ちも、もちろんありましたが、

芸名やペンネームと思ってしまえば、意外に抵抗ないです。

 

九星や陰陽、もちろん画数も総合的にみてもらって、

作ってもらいました。

 

実業家の方で名前を変えている、

というより活動名を本名と別に持つ、

というのは良くあることなんですね。

 

意識してみると、変名を利用している人はたくさんいます。

珍しいことじゃないと言い切ってもいいくらい。

 

海外では更に日常茶飯事だし、

ただ、変えた側に立ってみないと

なかなか気づかないかもしれませんね^^

 

認知心理学用語の「スコトーマ」ってやつです。

自分の常識のフレームの外にあるものは、

自動的に脳がシャットダウンしてしまう。

 

脳は常にフィルターにかけて、

自分に必要なことだけを見える(認知する)ようにし、

必要ないものはシャットダウン(見えなくする)してしまうのですが、

このスコトーマは、その反作用といえるのかもしれませんね。

 

「スコトーマ」という用語は本来、

「盲目」という意味の視覚医学の用語だったそうですが、

コーチングの大家、ルー・タイス氏が、能力開発プログラムにこの用語を使用し、

心理的作用として意味づけしたものだそうです。

 

自分の奥さんが妊娠したら、突然「町に歩いている妊婦が意外に多い」ことに気付いたとか、

フェラーリを購入したら、「最近フェラーリに乗っている人が増えたな」と感じるとか、

以前のフレームが外れると、新しいことに気づき始める(もしくは、違った印象を持つようになる)。

(詳しくは、認知科学者(機能脳科学者)の苫米地英人先生の著書をご参考にされてください)

 

新しい発見を求めるときは、

この既存のフレームを壊していかなくてはいけない時もでてきます。

そういう時は、今までに自分がやったことのないことに挑戦する、

敢えて、新しい環境に自分を置いてみる、

など、行動をおこしてみてください。

 

ここで、大事なのは、理解をしてから行動すると思ってはダメですよ。

絶対に行動できませんから。^^;

あえて、はっきりと断言させていただきますが、

 

「理解は後からついてきます」

 

行動して、「フレームから外れる」のが先です。

そこで初めて視野が広がりますから。

以前の自分の立ち位置も見えてきますよ^^

(未熟だったなとか、無意味なことをしてたなとか)

でもこういうことを感じられる時が、

成長したなという充実感を得られる時です!

 

この時点で初めて理解も湧いてきます。

 

「目的(ゴール)は、現状の外において初めて成長する」

というのは、先ほどご紹介した苫米地先生のメッセージです。

 

 

今、インターネットを使った海外物販を始めています。

少しずつ、結果も出せてきたので、

また進展があったら、ご報告しますね^^

 

 

ぽちっとクリックして応援していただけると最高に(^^)です!

↓↓↓↓↓↓

   

 

 

 

 

 


7 thoughts on “名前の鑑定

  1. チョビ

    県外の大学と専門学校に通う息子をもつアラフォーのシングルマザー、チョビです。
    すごく共感することいっぱいありました。
    これからの報告やブログの更新楽しみにしています。
    応援「ポチ」完了です。

    Reply
    1. astager.jp Post author

      チョビさん、コメントありがとうございます。
      本当に1年ぶりの投稿だったので、コメントをいただけるとは思ってませんでした。
      すごくうれしいです^^

      これを励みに、また頑張って投稿しますね!
      良い情報をどんどん共有しましょう!

      Reply
  2. ケル

    こんにちは。

    お名前変更されたんですね。
    私の友達でも名前を鑑定してもらって変えた人が
    います。その後は色々と上手くいっているようです。
    名前を変えただけでも人生が変わることってあるようです。

    Reply
    1. astager.jp Post author

      ケルさん、こんにちは!

      そうですね。こういった事を整えることも大事だなと感じています。
      もちろん、日々の努力があってのことですよね^^

      Reply
  3. http://edbehandlung.men/

    as a wardrobe stylist…i cringe when i see blatant "rules" which put everyone in a certain category…it is about finding your personal style…what works for you…not your age…or what "trend" is being highlighted for that week…i say…"keep on being fabulous!"

    Reply

Tawny へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。